ライフスタイル

【マインド編】行動し続けることは失敗の連続ということ

マインド編 行動し続けることは失敗し続けるということ

どもいけ(@ikerogretire)です。

今回の記事は以前取り上げたブログ読者さんに向けてのメッセージの意味もあり、ほとんど読者さん(以下、彼と称します)に向けた内容になります。

彼にとってはストレスのかかる内容になるかもしれませんが、本気で書きます。毎回ストレスかけてごめんね。

彼は行動を始めました。でも上手く行かずに悩んでいます。苦しんでいます。苦しむようになったのは行動したからということを前提に話をしていくのでご注意を。

この記事は僕が2021年5月16日の段階まで培ってきた、PDCA力(計画・行動・振り返り・改善)ではなく、DDDD力(行動・行動・行動・行動)のマインドのまとめになります。

彼に向けた内容にはなりますが、ぜひDDDD力を身に着けたい方にも読んでいただきたいと思います。

あとは主に恋愛面でのマインドを磨くためにした行動をまとめていきます。以前でも記事化していますが、より詳細の内容って感じ。

それではいきましょう。

まず人はすぐには変わることができないということを自覚する

変わる決意はすぐできるが、続けることは難しい。

人は本気で変わろうと思ってもすぐには変わることができない生き物です。

変わろう!

と決意しても翌日にはケロっと決意を忘れてSNSやドラマに夢中になっている。

そんな生き物です。というか僕がそうでしたし、今でも全く成長できないときはそんな感じです。

変わることができない人の具体的な例

僕がよく行動できない人の例としてよく使うのは、ダイエットについてです。

男女限らず体脂肪がついたことによって、体重が増加してきたら「痩せたい」と思うのが一般的でしょう。

そして一緒にカフェに来た友達に言うのです。

「痩せたい」と。「分かる〜俺/私も痩せたい〜」などの反応が返ってきてその場の会話は終わり。

別にそれを口に出していうことはいいとは思うのですが、実際に「痩せたい」と思い、次の瞬間から行動に移すことができる人は5%ぐらいだと経験則的に思います。

95%はもう他のことを考えているのです。チーズケーキ食べたいとか。いいことないかな〜とか。

この時点でもう痩せることはできません。というか本人に痩せる気がありません。

さらに「痩せるための行動を結果が出るまで続ける」という人は更に5%絞られます。

この時点で100人いる中の1人にも満たない割合になります。

つまり、変わることができる人なんてほとんどいないのです。

ほとんどの人が変われないのだから、まずは変わろうと行動できている自分を褒めよう。

人間は本能的にストレスを避けます。

なので、環境の変化や自分の周辺の変化に対して自分を自分たらしめている現状を維持しようと、脳が無意識的にリミッターをかける傾向にある。

変わろうとしているアナタはすごいことをしているのです。

100人に1人も満たないことをやろうとしているのだから、失敗するのは当たり前なんです。

だから自分を責めずに褒めて上げてください。現実は変わりませんが、それでも前を向けるはず。

次はメンタルが壊れる時がくる

結果はすぐには出ない

変わることをしようとしている自分はすごいと自覚ができたら、次は行動を継続しましょう。

ここでまた出てくるのは「結果がでない」という壁です。

当ブログも開設して早4ヶ月目になりますが、ほとんど稼げていません。

弱小ブログの称号を欲しいままにしています。

でもブログはなんとか続けることができています。更新頻度は落ちたけど。

話は逸れましたが、結局は「結果がでるまで続けるしかゴールは達成できない」ということ。

結果がでるのは1日後かもしれません。10年後かもしれません。

僕みたいに彼女を1人つくるのに9年かかるかもしれません。

本気になるまで7年、行動に移しまくって結果が出るまでに2年かかりました。

結果がでないことは当たり前なのです。結果が出る前に辞めてしまうのだから。

正直いうと、「自分が思うような結果なんてすぐには出ない」ので

「結果が出ている人は結果が出るまで続けた人」という結論になります。

しかもある程度正しい方向で、正しいステップを踏んで。仮説思考力が大切なことが分かります。

結果を出すために必要な考え方

僕も偉そうなことは言えません。

このブログで稼げているわけでもなく、仕事がめちゃくちゃできて年収が高いわけでもありません。

ただ、ナンパを通して9年ぶりに彼女ができたという結果は出せたのでその過程で学んだことを共有します。

結果を出すために必要な考え方は

自分のなりたい理想像はなにかをハッキリさせできることを1つ1つクリアすることです。

確かに、今は変化の激しい時代なので、なりたい理想像は常に変化します。

ただ、そのような時代の変化は5年後とか、10年後の変化の話です。直近1年間の理想像は変えなくてもある程度変化には対応することができます。

失敗しまくるので、メンタルが壊れる

自分の理想像に向かっていく過程ではかなりのストレスがかかります。

最初はほとんど上手くいきません。というかうまくできなくていいです。そもそも理想像の方向性と全然違うことをしてしまうこともあります。

「違う、そうじゃない感」がでてしまってもなにも問題ありません。

まず、仲間だと思っていた人からたくさん笑われます「お前なにやっちゃってんのwww」みたいな。

仲間は冗談で言っているのですが、内心はかなり悔しく、メンタルもやられます。

何度も心が折れます。

メンタルが壊れたらDMください。いつでも相談に乗ります。一緒に頑張ろう。

現実は残酷だ

現実は残酷だから開き直るしかない

メンタルが壊れに壊れたら、なんだか笑えるようになってきます。

開き直れるようになってきます。

「なんだ、今まで俺を保ってきたのはくだらない自尊心と周りからどう思われるかの恥じらいだったんだ」

こう思えるようになったら勝ちです。恥を捨てた人間は無敵です。

急に今まで逃げてきた現実が目の前に現れて、自分が思っていたよりも冷静にそれを受け入れて次の行動に移すことができるようになる。

要は失敗して、心が壊れて現実を直視できるようになった時、どうやってそこから這い上がるかどうかが大切なのです。

確かに、進みや成果は出ません。結果が出るまでやるしかない。

「結果が出るために次に自分が行動するべきことはなにか」

この考え方が大切です。

仕事よりも恋愛で結果を出すほうが簡単だ

仕事は色々なことが複雑に絡んでくるので、なかなか難しいことはありますが、

こと恋愛に関しては常に自分との戦いになってきます。

仕事で結果出すよりも、恋愛で結果を出すほうが簡単です。だって自分が行動するだけなんだから。

仕事は上司だったり、会社だったりと外部環境が自分に与える影響が50%ぐらいあります。あとの50%は自分だけど。

なので、自分の行動力次第で結果をだせる恋愛は仕事よりも楽だし簡単なんです。

恋愛だと自分が行動して改善できる範囲が90%ぐらい、残り10%は相手の感情や状況などの運の要素。

恋愛で結果を出すために最も大切なことは「自信」です。本当にこれだけ。

しかも、自信は行動によって身につけるしか方法はありません。

実は勉強も筋トレも恋愛も全て同じ。

勉強なら勉強法と必要な公式と解き方のパターンをまずは学び、そこから応用を解いていく。

筋トレもどのようなフォームで負荷をかけて、どのようなタイミングで食事を摂取すればいいのかを大まかに学んでから、細かな筋肉をつけて行く過程に入ります。

恋愛も同じなのです。

外見の向上、行動によるマインドの向上、パートナーとなる性別の相手との経験値の積み重ねの先に結果がある。これは先人達が残してきた結果が物語っています。

原理原則は皆同じなのです、そしてその原理原則は調べればいくらでも出てきます。

理解したらひたすら結果がでるまで行動して、改善するしかありません。

まとめ

ここまで書いてきて区切りがいいので、一旦まとめます。

  • 人はすぐに変わることができないことを自覚する
  • まずは変わろうと行動できている自分を褒めよう
  • 行動したらメンタルが折れる
  • メンタルが壊れたら、現実を直視しよう
  • 現実は残酷。だから開き直って自分ができることをやる

次は恋愛マインド編に移ります。

ほとんど根性論みたいな記事になってしまいましたが、ぶっちゃけそうなのです。

論理的に考えて頭のおかしいことをしているので、頭が良ければ良いほど抵抗感が半端ない。

今までずっと勉強しかしてこなかった人は特にそう。リスクを嫌う。リスクが計算できてしまうから。

リスクを背負う人生を選択してこなかった結果、モテてないという自覚をしてください。

ちょっとリスク背負ってみませんか?お金と病気だけには気をつけてください。

恋愛マインド編に続く。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万