お金

さよなら!楽天経済圏!僕がLINE経済圏をオススメする理由

ども池(@ikerogretire)です。

最近、キャッシュレス化の流行もあって、さまざまな「経済圏」が誕生していますね。

中でも、「楽天経済圏」は上手に使うことで楽天ポイントを高還元でもらえることが有名です。

今回は楽天経済圏とLINE経済圏のメリット・デメリットを紹介し、LINE経済圏をオススメする理由について記事にしていきます。

この記事が参考になる人

①楽天経済圏が使いにくい
②シンプルな経済圏がいい
③キャッシュレスが分からない人

楽天経済圏のメリット・デメリット

僕も以前、「楽天経済圏」に入って高還元ポイントを得ようと色々と模索しましたが、途中で挫折してしまいました。

理由は単に「分かりくかったから

楽天経済圏に入るメリットとデメリットはたくさんありますが、僕が感じたメリット・デメリットは以下の通りです。

楽天経済圏のメリット

①高いポイント還元率
②楽天ふるさと納税で節税対策
③楽天ポイントでポイント投資

楽天経済圏のデメリット

①種類やサービスが多すぎる
②最適化されていない
③あまり買い物しない

このように、楽天経済圏はメリット・デメリットそれぞれ存在していることがわかります。

どのポイントサービスもそうなのですが、ポイントは

「消費を促進させる」ために存在しています。

ポイントを得たいがあまりに余計なものを買ってしまったり、自分に最適化されていないモノやサービスを受けることもしばしばありました。

結果的に、僕は「このポイントの高い還元率を得るためにはこのポイントサイトを経由して、

一定個数のモノをまとめ買いしないとお得じゃない…」というような思考に陥り、

楽天経済圏のデメリットに対してストレスを抱えるようになってしまいました。

楽天経済圏はたくさんモノを買う必要がある3人以上の家族などが一番向いています。

シンプルで、使いやすい!LINE経済圏のメリット・デメリット

一人でモノを買ったり、サービスを受ける僕にとって、「ポイント関連でストレスを溜めない」ことが一番の主目的だったので、

ストレスを抱えないで一定以上のお得な状態になれる「LINE経済圏」に加入することに。

僕がLINE経済圏に入る理由は「わかりやすいから

LINE経済圏のメリット

①3%の高還元
②スマホファースト
③LINEポイントのみ

一方で、LINE経済圏のデメリットも感じるようになりました。

LINE経済圏のデメリット

①思ったよりクーポン使わない
②見やすいけど情報少ない
③キャンペーンはあまりない

こうしてみると、LINE経済圏に向いている人は僕のような

ポイント活動とか色々面倒だから、シンプルな仕組みでお得にポイントを貯めたい人

が向いてます。一緒にポイント還元のストレスから解放されましょう。

ちなみに、Visa LINE Payクレジットカードを申し込むと今なら、LINEが発行する暗号資産「LINK」リワード2000円相当を得ることができます。

暗号資産である「LINK」リワードはまだまだマイナーな暗号通貨ではありますが、

一定期間「LINK」貸し出すことで最大12%ものリターンを得ることができる「暗号資産貸出サービス」があることが最大の魅力です。

これからLINEが経済圏を拡大していくと同時に、「LINK」自体の価値も上がってくるので、資金に余裕がある人は投資してみてはいかがでしょうか。

僕も今月、LINKを買う予定です。

以下のリンクから申し込みができるので、ぜひぜひ作ってみてくださいね。

ではでは。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万