ブログ

【初心者向け】オススメGoogle chrome拡張機能5選

ども、いけ(@ikerogretire)です。

今回は、ブログ初心者でもオススメできる分かりやすい拡張機能5つを紹介します。

ブログ初心者は他のサイトを参考にすることが多いと思いますが、

実際にどんなプラグインを導入しているのか?

どんなフォントを使っているのか?

どれぐらいアクセスを獲得しているのか?

といったことを簡単に分析することができます。

以下がオススメの機能です。

オススメ機能
  • Open SEO Stats
  • Similar Web
  • What Font
  • whatruns
  • Lighthouse

オススメのgoogle chrome拡張機能

1.Open SEO Stats

サイトSEO状態を確認できる「Open SEO Stats」はGoogle内のランキングを一目で可視化してくれるツールになります。

丁度こちらの部分

まだまだ圏外ですが、この機能を使えばいちいち検索をかけなくても「自分のサイトがGoogle上ではどのランキングなのか」ということが分かるようになるので、オススメです。

2.Similar Web

サイトのランキングや月間PV数、更には流入経路までもが一目で分かるようになっています。

Google Analyticsのように、他サイトのPV数やカテゴリ別のランキングを知ることができるので、参照にするブログやサイトを真似する際に参考になります。

「これ位のPV数を稼ぐためにはどんなコンテンツを発信して、どれぐらいの部分から流入を得るのがよいか」

といった自分なりの分析するツールとして大いに活躍してくれそうです。

3.What Font

フォント好きにはたまらない拡張機能です。

「このサイト読みやすいな」と思ったら、サイト構成の他にも文字のフォントが合致しているということもあり得ます。分析にも役に立ちますね。

僕のテーマでのフォントはメイリオを使っているよう。

ちなみに、メイリオは漢字や英数字などにも通用する汎用性のあるフォントなので、ちょっとゴシック体や明朝体に飽きた人は是非とも使ってみてくださいね。

4.whatruns

今見ているサイトのプラグインは何かを教えてくれる「whatruns」は、自分のブログサイトのプラグインと参考にしているサイトのプラグイン情報をそれぞれ比較して、

「無駄なプラグインはないか」を分析するのにうってつけです。

様々なプラグインに関する情報があり、いろいろなサイトを見て重なった機能を持つプラグインを入れてしまいがち。

「whatruns」を使って自身のサイトのプラグインを最適化しましょう。

5.Lighthouse

Lighthouse(ライトハウス)は、Googleがもともと提供していたWebアプリやWebページの評価機能を持つChrome拡張機能です。

WebサイトのSEOを10個の観点で「Passed Audits(合格)」か「Faild Audits(不合格)」かを評価してくれます。

つまり、Googleが「このサイトはユーザーにとって見やすいサイトであるか」という評価をフィードバックと共に表示してくれるのです。

例えば、僕のサイトは「パフォーマンスは悪いけれど、アクセシビリティは高い。僕のサイトの課題はパフォーマンスである」という単純明快なことが分かります。

自分のブログはどこがいけないんだろうか…。

テーマ性やSEOなど様々な視点から分析する必要はもちろんありますが、こういったツールを使って

まずは環境構築を徹底することで、テーマなのかSEOなのか仮説を構築することができます。

まとめ

Googleの拡張機能は気軽に導入できるのでぜひ使ってみてください。

オススメの拡張機能は
  • サイトSEO状態を確認できる「Open SEO Stats」
  • サイトのランキングや月間PV数が分かる「Similar Web」
  • どのフォントが使われているか分かる「What Font」
  • どのプラグインが使われているか分かる「whatruns」
  • WebサイトのSEOを評価してくれる「Lighthouse」

好きなサイトを真似するときには最高のツールとなりそうですね。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万