ライフスタイル

ミニマリストなら誰もがやっている?私服の制服化

衣服

ども池(@ikerogretire)です。

僕はミニマリストではありませんが、ミニマリストの思考を取り入れています。

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。

ミニマリストとは コトバンク

一時期、「ミニマリストいいじゃん!おれも取り入れよ」ということで、

極端に物を持たない生活を送っていましたが、

ネットに挙がっているミニマリストのやり方をただ真似るだけでは、

自分に最適化されていないことをやっているのでただストレスが溜まる一方でした。

ミニマリストの考え方を取り入れていく中で、

「私服の制服化」という習慣が僕には残りました。

私服の制服化とは

私服の制服化とは、毎日いろいろな服の組み合わせをするのではなく、

「月曜日はこれ、火曜日はこれ」といった曜日によって服装を一定化したり、

「仕事はこれ、友達とのプライベートはこれ、ナンパするときはこれ」

といったように場面によって服装を一定化することです。

僕は学生の頃からミニマリストの真似をして私服の制服化を実践してきました。

今の仕事着はGUのセットアップに半袖白Tシャツ、黒の靴下、GUのローファーがデフォルトです。

まさしくこんな感じ。

私服の制服化によって得られるメリット

服選びの時間ゼロ

仕事や遊びに行くまでにギリギリに支度をすることは誰もが経験することでしょう。

「今日の服装どうしようかな…」

「なんか服がしっくりこないな…」

「ぜんぜんネクタイ上手く結べない…」

この悩みは服やファッションが好きな人であれば、非常に楽しい時間でしょう。

色んなコーディネーションの組み合わせや季節ごとの色によって、自分の気分がそれだけで上がったりするので、重要な要素となりえるハズです。

しかし、僕は全く服に興味がありません。

「なんかいい感じになってればいいかな」ぐらいのニュアンスで服を選んでいます。

そんな価値観の僕にとっては、服選びの時間は苦痛でしかなく、自分にとって全く意味のない時間とも思ってしまいます。

なので、自分の中で服の組み合わせを一定パターン用意し、それを場面によって着回すことで服選びの時間を最小限にすることにしました。

衣服に関する出費がほとんどなくなる

私服を制服化することで、もし服に汚れがついたり、傷んでしまった時でも、同じものを買えばいいので、それ以外のタイミングで出費することがなくなります。

服ってこだわり始めると、めちゃくちゃお金かかりますよね。

シーズンごとに毎回微妙に変わるし、その時の自分の気分や懐事情によっても欲しい服がたくさんでてきて、飽きがなく、永遠に新しいもの買いたいように仕組みができています。

ファッションが趣味であったり、仕事に生きるのであれば、

出費というよりも投資に近い感覚になりますが、

「なんとなく欲しいと思ったから」という理由で服を買っていると、

高くて数回しか着ない服をシーズン毎に服屋さんに買わされ続けることになります。

私服を制服化することで、僕は衣服に関する出費をほとんどしなくなりました。

衣服を買わない代わりに、「アパレル関係の株主優待を受けるためには株式をどれぐらい買えばいいんだろう…」と考えるようになりました。ええ、ちょっとやばいです(笑)

別に誰にも服なんて見られていないことに気が付く

自分は極端にオシャレなわけでもないので、もう服を着てても

「オシャレだね~」ともいわれません。

もはや大事な所を隠したり、外界との気温調整に使っているぐらいです。

社会が許すならば、裸でうろつきたい。

もし、あなたが特にファッションにこだわりがないのであれば

「オシャレな服を着なければならない…」という

誰かが作った意味の分からない価値観に振り舞わされるのではなく、

そのストレスをどうすれば取り除けるかということに注力しましょう。

僕にとっては私服の制服化がストレスを解消する要因になりました。

私服の制服化によるデメリット

基本的にオシャレではない

私服の制服化によって、オシャレ感はでません。

完全に普通の人感が出るだけです。

オシャレ感を出したい場合はアクセサリーをつければなんとかそれっぽく見えます。

オシャレしたい人は私服の制服化は逆にストレスになりますから、

自分のライフスタイルや価値観に応じて私服の制服化を行いましょう。

また同じ服装なんwwwと言われる

特に気にする必要はないですが、こういうことをわざわざ面と向かって言ってくる人はだいぶめんどくさいです。ほっとけって感じだ。

相手にするのもやっかいなので、私服の制服化によるデメリットとも言えるでしょう。

たまに洗濯物が間に合わなくなる

個人の心がけ次第ですが、私服の制服化によって服全部の総量が少ないので、たまに洗濯物の乾きが間に合わない時があります。

服の総量が少なくなることに加え、服への関心も薄くなっていくので

「あぁ、服の替えがない…」ということが結構な頻度が最初は特に起こります。

洗濯する習慣を自分の中で身につけましょう。

服の制服化のその先に

服選びが苦痛に感じる人は私服の制服化をしてみてください。

これでだいぶストレスとおさらばできるでしょう。

私服を制服化すれば、毎朝の服選びも楽になり、時間に余裕が持てるようになります。

私服を制服化すれば、シーズンごとに服を買い替えることもなく、お金が節約できます。

私服を制服化すれば、なんかiPhoneとか生み出せるかもしれません。

皆さんもぜひ、私服を制服化してい見てください、朝の電車が1本早くなること間違いなしです。

ではでは。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万