ナンパ

モテを極めたくて始発から終電までナンパし続けた話。

ども池(@ikerogretire)です。

今日はセミリタイアに関係ないようで関係ある、「モテを極めたくて始発から終電までナンパし続けた話」をしようと思います。

結論、めちゃくちゃメンタルが鍛えられ、一定以上はモテるようになりました。

副次的な効果として行動力が格段に上がるとともに、自分の真に叶えたい心からの想いに気づくことができるようになりました。

この記事がオススメな人

①自分のやりたいことや叶えたい夢が見つからない人
②シンプルに女性にモテたい人
③真の行動力を手に入れたい人

それではいきましょう。

モテるためにはマインドを極めなければならない

最近はよく、「モテるためには清潔感が必要だ!」というキャッチフレーズがインターネットに散乱していますが、これは半分間違いで半分正しい。

モテるためには「マインドを圧倒的に高めること」、結局これが一番モテるようになります。

なにも「自信過剰になって傍若無人に振る舞え」と言っているわけではなく、

他人に振り回されない、確固とした個を持つ」という意味です。

人間、誰しも周りの目が気になると思います。

周りの目が気になるあまり、心にブレーキがかかり、行動ができないので

「自分が本当に心の底からやりたいこと」に対して注力することができなくなってしまうのです。

ナンパをしまくって自分の行動力を高めることでマインドが高まります、これは間違いありません。

ネットでナンパじゃなくて、始発から終電まで声をかけ続ける

出会い系アプリを通じてナンパをすることは今では珍しくないでしょう。

僕も一通り試しましたが、全く成果は出ませんでした。

どんなに写真を加工しても、どんなにプロフィールを上手く書いても、どんなにお金をかけても、僕に彼女はできませんでした。

1年以上課金をしてあることに気が付きます。

確かにモテるためのテクニックは一通り学んだが、そもそも自分は魅力ある人間性がないんじゃないか」という、とても曖昧で残酷な事実です。

ネットナンパでモテる人は9割以上は「お金持ち」か「イケメン」。

この事実を受け入れ、お金のない、辛うじてフツメンの僕ができることは

魅力ある人間になるために自分は何をすべきかを考え、行動することでした。

とりあえず、ベンチマークにしていたナンパの師匠の言うことを実践することにした僕は、

新宿駅の南口で始発から終電まで声をかけ続けました。(※コロナ前です)

途中で何度も心が折れました、足が痛くなって棒立ちになったり、急に怖くなって全然声がかけられなくなったり、周りの目が気になったり。

たくさんの挫折を始発から終電までの18時間で体感したのです。しかもリアルで。

歩いた距離は42km超えていました、マラソン選手並み。

気が付けば、LINEには新たに30人近くの女性の連絡先が追加されていました。

この始発から終電までナンパをした経験がきっかけで、

「自分に行動できないことはないんだ」という人生で一番の学びを得ることができたのです。

自己啓発本やセミナーからではなく、本質的に、自分の芯に響くような感覚を覚えています。

この学びはとてもとても地味ですが、セミリタイアの行動に表れているんじゃないかなと。

借金苦なのに投資をしたり、甘いもの大好きなのに1日1食にしたり。

やる前からできないと行動をやめるのではなく、行動してから考えるように、完全なるマインドシフトを果たしました。

ナンパは目的ではなく、手段。成し遂げたいことに注力しよう。

僕がナンパを始めたときは全く別の方針の人生目標が2つありました。

一つは、「セミリタイアをして自由な人生を謳歌すること」

もう一つは「金持ちになって、死ぬほど女性からモテること」

お察しの通り、「金持ちになって、死ぬほど女性からモテること」の夢はある程度モテるコツが分かり、追いかけなくなりました。ちなみに、金持ちになってもないし、彼女がいるだけでもうお腹一杯。

あれだけモテたかったのに、今では「セミリタイアをして自由な人生を謳歌すること」のために全てを捧げています。本当に自分が成し遂げたいことに注力できるようになったのです。

万人にオススメできる方法ではありませんが、圧倒的にマインドを高めるための行動として「ナンパ」は最強のツールです。

もしあなたが男性で女性が好きならば、ナンパに挑戦するのをおすすめします。

ではでは。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万