お金

最強の資産管理術?!複式簿記で家計簿をつけよう

家計簿

ども、池(@ikerogretire)です。

今回は家計簿について話していきたいと思います。

皆さんは家計簿と聞くと、シンプルに収入と支出をそれぞれ管理していく単式簿記をイメージする人が多いと思います。

複式簿記に関する簡単な知識と工夫をすれば、

自分の資産・負債・純利益・収益・費用を全て把握することができます。これらを把握することで、「このお金は投資なのか、消費なのか、浪費なのか」などお金を使うたびに考える癖がつくようになり、株式投資をする際に参照する有価証券報告書の決算内容も体で理解ができるようになるのです。

それでは、単式簿記と複式簿記で記帳する場合のメリット・デメリットについてみていきましょう!

単式簿記記帳の家計簿のメリット・デメリット

メリット① 記録が簡単

単式簿記は勘定科目(家賃、食費とか)が非常に簡単で、貸方や借方などの専門的な知識無しに慣れてしまえば誰でも記帳できることができます。

多くの一般家庭でも使われており、慣れている方も多いのではないでしょうか。

「何にお金を使っているかとりあえず把握したい!」という人はまずは単式簿記をスタートさせましょう!

メリット② 自動化アプリで手間暇がかからない

最近は家計簿アプリの高機能化が進み、クレジットカードや銀行口座と連携させることでほとんどのお金の流れを把握することができます。

ただ、お金の流れを把握するだけなので、クレジットカードによっては引き落とし金額だけが記録されてしまい、細かな出費の状況が分からなくなってしまう恐れもあるので注意しましょう。

レシートを撮るだけで記帳を済ませてくれるアプリもあるので、いちいち記帳が面倒な人は使ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに、僕はLINEのUXUIが好きなのでLINE家計簿を愛用しています。

デメリット① 財政状況が分からない

単式簿記のデメリットの一つに財政状況が分からないことが挙げられます。

例えば「1000円の本をクレジットカードで支払った」としましょう。

単式簿記では、「書籍代1000円」と記帳されます。

複式簿記では、「借方 書籍費1000円/貸方 クレジットカード未払い額 1000円」と単式簿記よりも情報が多くなり、何にお金を使っているのか、お金はどのように流れているのかをより正確に判断できるようになるのです。

単式簿記の記帳に慣れてきたら複式簿記の記帳にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

もし分からなければ気軽にコメントやDMください~!

デメリット② 確定申告する場合は控除額が小さい

確定申告の場合は白色確定申告で10万円の控除を受けることができますが、青色確定申告の場合は65万円の控除を受けることができるのです。

この55万円の差は大きいです。個人事業主や法人ではない会社員の人でも、この控除の仕組みを知っておくと、セミリタイア後の確定申告でもこの知識が活かされるはずです。

複式簿記記帳の家計簿のメリット・デメリット

メリット① 現金以外の収支管理ができる

先ほどの例でも挙げた通り、クレジットカードによる負債の増加や、借入による現金の増加も単なる現金の増減だけではない、お金全体の流れの管理をすることができます。

最近はクレジットカードなどによるキャッシュレス決済が増えているので、この収支管理手法は大きなメリットになると言えます。

メリット② 全ての経済資源(資産・負債・純資産)の状況を把握できる

メリット①に似ているのですが、今の自分の資産や負債の状況を把握することで、「株式をどれぐらい保有しているのか」「借金はあとどれぐらいなのか」もいちいち集計せずに、すぐに把握することができます。

例えば、株式を1万円で買ったときに、単式簿記であれば「現金が1万円減った」となりますが、複式簿記の場合は株式の購入は「有価証券の増加、現金の減少」というの勘定科目で計上できるので、現金だけでない資産状況が一目瞭然なわけです。

メリット③ 青色確定申告をすることで65万円の控除を受けることができる

複式簿記で記帳していると、損益計算書や貸借対照表が作成できるので、青色確定申告をすることができます。

青色確定申告をすることで最大65万円の控除を享受できるので、節税効果が期待できるのでやらない手はありません。

最近は確定申告の自動化アプリもできるので非常にスムーズに確定申告をすることができます。

デメリット① 一定以上の知識がないと正確な記帳ができない 

複式簿記の唯一といってもいいデメリットは、ある一定程度の仕分けに関する知識がないと正確に記帳ができないという点です。

ただ、仕分けのみの知識であれば簿記三級の知識で取得可能なので、簿記三級のテキストを片手に複式簿記で家計簿をつけてみてはいかがでしょうか。


まとめ

今回は単式簿記と複式簿記のメリット・デメリットについて記事にしてみました。

僕も単式簿記の家計簿と複式簿記の家計簿をそれぞれ使って、日々のお金の収支管理を行っています。

最初は手間でしたが、毎日継続することで長期的に自分の財政状況を把握し、目標であるセミリタイアに一歩ずつ近づいてる実感を得られるようになりました。

日頃から家計簿をつけている方もこれを機に複式簿記で家計簿をつけてみませんか。

ではでは。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万