お金

最強?!シェアハウスが一人暮らしよりも断然いい3つの理由

ども池(@ikerogretire)です。

今日は固定費削減方法の中でも、比較的効果のあるシェアハウスへの入居について書いていきます。

今回の記事がオススメな人

①シェアハウスへの入居を考えているがイマイチ決断できない人
②家賃を削減したい人
③寂しがりやな人

結論、シェアハウスに入居するのは経済性・精神安定性・利便性の3点から一人暮らしをするよりも優れているので、絶対にした方がいいです。

シェアハウスへの入居が最強な理由 その1 家賃が安い

まず圧倒的に最強な理由が「家賃が安いこと」です。

東京都内で一人暮らしをすると、ワンルームで大体6~8万ぐらいが毎月掛かってきます。単純にワンルームを2人で住めば3~4万。毎月の固定費が半分になるのです。

パートナーとの同棲も仲が良いなら問題ないと思いますが、ケンカや別れてしまうといった事件が発生した時に、「家に帰れない」「帰れても気まずい」という状態が続いてしまうのはとてもストレスになりえます。

また、実家暮らしは固定費が全くかからりませんが、親と一緒に過ごすのが苦であったり、色々な固定観念に囚われたことを言われる(「いつ結婚するの」とか「いつ働くの」など)のが嫌な人にとってはベストな選択とは言えないのは間違いないでしょう。

シェアハウスであれば、お互いに気遣いができる人たちのコミュニティになるので、お互いに嫌なことがあったら仲を第3者が取り持ってくれますし、

それぞれ異なる背景の人が集まりやすいので固定観念で縛られたことを言われることはほとんどありません。

言われたとしても、もう一人違う考えの人がいるので「あ、そういう考え方もあるのね」ぐらいの温度感で落ち着きます。

人間関係や家賃もそうですが、その他の光熱費・インターネット代・サブスクリプション代など全てをシェアするので、

シェアハウスに同居する人が多ければ多いほど、一人暮らしの時に支払う諸々のコストがほとんどかからなくなります。

一人暮らしの時は光熱費(6000円~1万円)・インターネット代(5000円)・サブスクリプション代(3000円~5000円)で合計15,000円~20,000円かかっていた費用が今では6,000円ですむようになり、

家賃も恵比寿でワンルームで83,000円だった費用が渋谷区のシェアハウスで30,000円にまで抑えられるようになりました。

家賃や光熱費に10万円近くかかっていたのにいまではその半分以下です。

シェアハウスに住むだけで家賃も含めた生活費が10万円以下で抑えられ、生活費のために週5日働いて月20万を得る意味が完全に消失します。

もちろん、安い分プライベートはシェアハウス内にはありませんが、意外と慣れます、というか逆に一人になるために外出するようになります(笑)

「一人になれる時間が私には絶対に必要だ!」という方は無理かもしれませんが、本当にそうでしょうか?

僕もそう思ってましたが、すぐに環境に適応することができました。住めば都とはまさにこのこと。

収入の3分の1以上を家賃に支払っている人は是非ともシェアハウスを検討してみて下さい。

シェアハウスへの入居が最強な理由 その2 寂しくない

至極当たり前ですが、シェアハウスに帰ると部屋に明かりがついていて、「おかえり」と声をかけてくれる住人がいます。

よく、結婚をして家庭を持つと「おかえりと言ってくれる家族ができました」と言ったりしますが、シェアハウスに入居してしまえば、すぐに達成できてしまいます。

正直、一人暮らしをしていた時は友達もあまり家に呼ばず、一人で過ごすことが多かったので寂しい生活を送っていました。

パートナーや友達がとても多ければ話は違うと思うのですが、あいにくパートナーはいないし、友達もそんなに多くないので、結構一人暮らしは僕にとってきつかったです。

毎日YouTubeで意味のない娯楽を見て時間を潰すよりも、シェアハウスで誰かと一緒にアニメを見て感想をシェアする方がよっぽど充実した生活を送れると思いませんか?

また、シェアハウスには色々な職業の人がいるので、全然知らない業界のことや働き方を知ることができ、会社だけの視点ではない、広い視野が自然と身に付きます。

一人は好きだけど、孤独は嫌い。そんな人はシェアハウスへの入居を考えてみてください。毎日の生活に自然と刺激が出てきて、つまらないと感じていた人生が僕みたいにすこしずつ変わってくるかもしれません。

シェアハウスへの入居が最強な理由 その3 便利な場所にある

これは正直シェアハウスの場所によるとは思うのですが(笑)

僕が住んでいるシェアハウスは駅徒歩10分圏内、コンビニ・スーパー・ドンキホーテ・銀行・百貨店・映画館などほぼすべての施設が徒歩圏内にあります

都心で一人暮らしでこの環境を得るには、かなり高い家賃を支払わなければなりません(ワンルームでだいたい12万ぐらい)が、都心のシェアハウスに住めば僅か3万円でこの環境が手に入ります。

施設もそうですが、職場も近くなります。

僕は本当に満員電車になるべく乗らないようにしたかったのと、通勤時間は人生の無駄な時間のうちの一つと考えてしまうので、職場から徒歩で通えるシェアハウスにしました。

最高です。奴隷船のような環境を数十分以上毎日体感するのと、ゆったり徒歩で通勤できる生活、どちらが自分にとって幸せかは比較するまでもありません。

定期代を得られないという唯一のデメリットはありますが、全て徒歩圏内でほしいものが手に入るので問題ありません。問題なさ過ぎてついには現代人のほとんどが加入しているであろう、Amazonプライムまでも解約してしまいました。

住むなら不便なシェアハウスではなく、自分の今の職場との距離や生活に必要な施設を考えてなるべく便利なシェアハウスを選びましょう。

まとめ

今回は、シェアハウスが一人暮らしよりも断然いい3つの理由をご紹介しました。

「一人暮らしが退屈だ…」

「寝に帰るだけの家の家賃を抑えたい」

といった、今の住居や環境に不満がある人は是非ともシェアハウスでの生活を検討してみてくだい。

きっと、生活や視点がいろいろ変わるはずです。

でもやっぱりシェアハウスはいいとは思うけど、

プライベートな空間も欲しい…

家賃も抑えたい…

そんな人はシェアドアパートメントを検討してみてください。

賃貸でネックになる家賃という高額な固定費と

シェアハウスでネックになるプライバシーの無さ

この両方のデメリットを埋めてくれるサービスがシェアドアパートメントです。

家賃も東京の主要都市へのアクセスが良い地域なのに3万円台、

全室鍵付き完全個室なのに、家具家電付きです。

シェアハウスは怖いけど、家賃はなるべく抑えたい…。

ぜひとも検討してみてください。

ではでは。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万