FIRE

自己投資で300万?僕が借金を背負ったワケ その③

ども、池(@ikerogretire)です。

今回も僕が借金を背負ってしまったワケをぶっちゃけようと思います。

まだその①の記事とその②の記事をご覧になってない方は、こちらも見てみてくださいね!

僕が借金を背負った理由

①モテたくて必死。AGA治療と全身脱毛にローンを組む
②騙された?人を洗脳する元ヤクザの人脈を頼りにしたくて消費者金融で高金利の借入
③ストレス解消?メンズエステと風俗で分割払いとリボ払いで給料が全て返済に消えていく

今回は③の僕のストレス解消でもあり、ストレスの原因にもなっていた、メンズエステと風俗にドはまりしてカードの分割やリボ払いに苦しんだお話をしていこうと思います。

心の寂しさからくる風俗の利用

ここまでぶっちゃける人も少ないと思うのですが、僕は性欲が強いです。多分。

性欲を数値化することや、周りの男性ともあまりこういった話はしないので分かりませんが、少なくとも一般的な男性よりも高い傾向にあると思います。(毛深いし…)

性欲が強いと、やはりはけ口が必要になります。今は無料でたくさんのエロを享受できる環境ですから、毎日一人でしていてもむなしくなってしまうのです。

彼女やセフレがいればいいとは思うのですが、当時モテない代表格だった僕はその性のはけ口を風俗に求めるようになりました。(女性の方には申し訳ございませんが、別の表現が見つかりませんでした)

風俗を利用したのは浪人している時で18歳、童貞まっさかり。

初めて風俗を経験してからは

「お金払えば、かわいい女の人とあれやこれやなことできるんだ…!」

無事、大人の階段を上っています。勉強しろ、浪人生。

勉強もあったので、大学入学まではそこまでハマることなく、利用はそれきりでしたが、無事大学に入学し、アルバイトをするようになると、僕の懐事情は変わっていきます。

何しろ、家賃・水道光熱費・食事代など、今の僕が工夫を凝らして捻出している生活費や収入の半分に至る借金の返済もないのです。

風俗にめちゃめちゃ使いました。年間で40万以上使いました(大学生の当時の僕の収入の半分以上)。周りはモテるために自己投資をしている中、僕は短期的な快楽を享受できる風俗にのめりこんでいったのです。

多分寂しかったのでしょう、僕は女の子と手を繋いだり、抱きしめあったり、そういう普通の大学生カップルが得られるであろうことが全くできなったから。

大学生のうちは守られてましたから、問題なかったのです。問題は社会人になってからでした。

止められない風俗の利用、カードの分割払いやリボ払いに手を出す。

月に1度は風俗に行かないと我慢がならない身体になってしまった僕は、社会人になってからほとんど家賃と生活費に消えていく懐事情では間に合わなくなっており、クレジットカードの限度額一杯まで生活費や風俗を利用するようになっていました。

「今月風俗行き過ぎたな…、返済額が20万になってしまった…。でも親には言えないしどうしたらいいだろう…」

広告「月の返済にお困りですか?それなら分割払いやリボ払いがあります。」

毎月の返済額が一定になる?なんだその魔術は?分割払い?神のような仕組みじゃないか!

その②でお話した返済の時期とも重なる中、どうしても風俗の利用をやめることができなかった僕は、分割払いやリボ払いの恐ろしさを知らずについに手を出してしまうのでした。

毎月の返済と家賃、生活費、新たな風俗の利用。

更にその①でもお話した、ローンによる脱毛やAGAの自己投資が重なり、僕は一向にお金がたまらないどころか雪だるま式に負債額が増加していくのでした。

まさに生き地獄です。毎月支払われる給料のほとんどがカードの返済とローンの返済に充てられるのに、それぞれ借りた先が分散していますから、年利もそれぞれにかかります。

返しても返しても元の借金がほとんど減らない。ドラマに出てくるような多重債務者に僕は成り果てていたのでした。風俗の利用も止めました。とうとう信用も含めたお金が払えなくなったからです。

社会人1~2年目にして多重債務者になってしまった僕は、まともな生活ができなくなり、ついに債務整理をネットで見つけた弁護士に相談するのでした。

多重債務者の僕、セミリタイアの概念に出逢う

債務整理の手続きを行った僕は、毎月一定額の返済を行うことで、なんとか生活を立て直すことになったのでした。

なんとか月20万で生活が収まるようになってしばらくしたある日、Twitterで「セミリタイア達成しました!」というツイートが流れてきました。

「む、なんだこの『セミリタイア』という言葉は?」

セミリタイアという言葉に関しては記事でも紹介しています。

僕は、このセミリタイアという考え方に出逢い、「自由になりたい」という自分の心の底からの欲望を知ることができました。

そこからの行動は早かったです。すぐに単式簿記による家計簿をつけ始め、学生の頃に勉強した複式簿記の知識を使った家計版複式簿記も自らが行うようになりました。

毎回何かを買ったりするたびにスマホに単式簿記と複式簿記両方の形式で金額を打ち込みます。レシートは記録を終えるまで捨てません。恐らく普通の人よりはマメにつけているでしょう。

記録を細かくマメに行うことができるのは「自由になりたい」という僕の心の底からの叫びに素直に従って行動するようになったからです。

すると、以前の僕にあった心の寂しさからくる風俗の利用の欲望はほとんどなくなっていました。

人間は本当に1年や2年で行動や考え方を圧倒的に変えることができると実感することができました。

世間的に見れば僕は若いうちに奨学金ではない多額の借金を抱えた人に写ると思いますが、借金がほとんどない大学生の時よりも経済的には苦しいけれど、幸せな生活を送ることができています。

借金の返済と更にその先のセミリタイア(サイドリタイア?)に向けて日々の幸せを噛みしめてこれからも生きていきたいと思います。

皆さんも、カードの分割払い・リボ払い・心の寂しさからくる多額の消費や浪費に気をつけてください。僕の経験が皆さんの気づきやきっかけになればうれしいです。

ではでは。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万