お金

貯金の時代は終わり。投資信託のメリット・デメリット

投資

ども池(@ikerogretire)です。

みなさん投資してますか。

違います、別に怪しい話じゃあないんです。

100万円を預けてたら1年後に3万返ってきたらうれしくないですか?

今回はそんなお話です。

1.お金は貯金じゃなくて投資

確実に言えることは、今の銀行口座にお金を預けていても、

お金は増えるどころか、めちゃくちゃ減っていくという事実です。

銀行は売上の一部を手数料で賄っています。

ATMでお金を引き出したり、送金する度に手数料を200円~400円近くかかっているハズです。

その手数料ってどこに行くと思いますか?

正解は、銀行員のお給料や高い広告費に使われています。

もちろん、今後伸びていきそうな会社への融資なども事業として行っているので、

全てとは言いませんが、銀行員の平均年収や広告のかけ方を見ていると、

預けている側としては

「お金を預けて、引き出しているだけなのに、そりゃあないでしょう」って思いませんか。

銀行口座に預けていても低金利のため、

1年ごとに1円が増えるかどうかですが、

投資をすればリスクはありますが、お金が増えます。

特に何もしていないのに、お金が増える、労働しなくてもお金が増える。

こんなにいいことはありません。

2.金持ちはずっと金持ち、貧乏はずっと貧乏

元の資金額が大きければ大きいほどリターンの額は大きくなってきます。

資金が6000万あり、年間で3%利回りがある投資を行えば、

年間で何もしなくても180万円もらえるのです。

日給1万円の仕事を180日間やって、やっともらえる金額を

「元からお金持ってて、それを投資に回している」

それだけでなんの労働も無しに同じ金額をもらえるのです。

ピケティ氏の新・資本論でも、

給与所得でもらうお金よりも株とか不動産から得られる資本のお金の方が大きいよん

と言ってます。(めちゃめちゃ拡大解釈)

ちなみにピケティさんは「投資しろよ」でなく、

「政府がさっさとお金持ちからお金取って、富の再分配しろよ」と主張してます。

僕は政府は庶民全員にお金を配ることはほとんどしないと思っているので、

「労働したくないなら、今から頑張って資産形成するしかないじゃん」って感じです。

3.なんの投資をしたらいいのか

とりあえず、銀行口座にお金を預けてもお金が増えないことがわかりました。

労働しまくってもめちゃめちゃお金がもらえるわけではないこともわかりました。

では、投資をするにしても、何に対して投資をすればいいのでしょうか。

結論として、世界経済に投資してください。

「????????」

言い換えましょう。

投資信託にお金預けてください。

それだけで、世界経済に投資することができます。

投資信託とは

投資家から預かったお金をひとつにまとめて、投資のプロが運用し、その生まれた利益を投資家に分配する仕組みの金融商品のことです。

LINE証券より

昔は世界経済に投資なんかできませんでしたが、

今では証券会社の口座を開設し、

手数料が低い投資信託に預けるだけで

めちゃめちゃ簡単に世界経済に投資できます。

4.投資信託のメリット・デメリット

投資信託のメリット

メリット①少額から投資できる

投資信託は通常の株式の売買と比較して、比較的少額で売買することができます。

中でも、LINE証券は100円から投資ができ、

「めちゃめちゃ投資できる資金ないけど、投資をやってみたい」

という方に向いています。

更に、LINEポイントでの投資も可能なので、

ポイントでLINEスタンプ買う代わりに投資するという選択肢も可能です。

スマホに最適化された画面で、めちゃめちゃ見やすい。

メリット②分散投資ができる

投資信託の銘柄にもよりますが、

基本的には海外株式・国内株式・債権など、

リスクに応じて自動的に分散投資されます。

投資はしたいけど、損もしたくない

そういう人は「e MAXIS Slim バランス(8資産均等型)」がオススメです。

ハイリスク・ハイリターンな先進国・国内株式だけでなく、

ミドルリスク・ミドルリターンと言われる不動産投資REIT、

低リスク・低リターンといわれる債券まで、

バランスよく自動的に分散投資してくれる金融商品です。

積極的に投資をして、リターンを得たい

そんな人は「e MAXIS Slim全世界株式

または「e MAXIS Slim米国株式」がおすすめ。

全世界株式は文字通り、世界経済に

米国株式は米国経済に投資することと同じ意味になります。

なぜそう言えるかというと、

対象の経済圏の各企業の株価の平均値に従って投資が都度でされるから

簡単に言うと、

学校のテストの平均取っておけば、なんか卒業できる

そんな感じです。

学校のテストの平均点ってできるやつとできないやつの中間ぐらいの点数が出ますよね。

でも平均点とっておけば単位きますし、なんとか卒業できます。

紹介した金融商品は全世界や米国の企業の平均点の上昇にお金をかけることと同じなのです。

ちなみに、全世界の経済は資本主義社会が崩壊したり、世界恐慌になったりしない限り、どんどん上昇を続けていきます。

なぜ「日本」だけでなく「世界」に投資したほうがいいのか | ロボアドバイザーならWealthNavi(ウェルスナビ)
世界株の成長推移

ちなみに日本株は政府が重い腰を上げたので、

世界株式の成長率に追いついていません。

メリット③預けるだけ、完全放置

投資信託は完全放置で、何も難しいことをせずにプロが投資を自動でしてくれます。

証券会社にお金を預け、買うボタンをポチっとするだけです。

「普段めちゃめちゃ忙しくて、投資なんてできないよ」って人でも、

給与の自動天引きで、給与の一部を証券口座に自動で振り込み、

証券口座の積み立て設定で投資信託を選択しておくだけです。

投資信託するなら、スマホに最適化されたLINE証券がおすすめ

実際、様々な証券会社がありますが、

僕のおすすめはLINE証券です。

スマホに最適化された画面で、複雑な設定などもすることなく

簡単に投資することができてしまいます。

今なら、キャンペーン中なので、

投資にチャレンジしてみたい人は是非ともやって見てください。

投資信託のデメリット

投資信託のメリットばかり強調してきましたが、もちろんデメリットもあります。

世の中にそんな甘い話は転がってません。

デメリット①運用管理費がかかる

投資信託はプロが我々からお金を預かり、投資を代わりに行ってくれます。

そのプロには運用管理手数料(信託報酬)という形で報酬を支払う仕組みになっています。

選ぶ銘柄によって、運用管理手数料が異なっているので、注意してください。

ちなみに「e MAXIS Slim全世界株式」の運用管理手数料は年間0.1144%とかなり少額。

年間のリターンが25.85%で、めちゃめちゃお得。

デメリット②元本保証がない

投資信託は、プロに預けているとはいえ、株式投資であることには変わりないので、

元本の保証がありません。

簡単に言うと、

お金がそっくり返ってくるわけじゃないよ

ってことですが、世界経済が崩壊しない限り、全部なくなるわけじゃありません。

基本的に普通預金の口座は引き出さない限り減ることはありませんよね、

投資信託で100万預けてたら120万に上がることもあるし、80万になることもあるよって感じです。

本人のリスクの許容範囲に依存するところでもあるので、自分の心の中のリトル本田に聞いてみてください。

デメリット③タイムリーに売買できない

株式投資と違って、タイムリーに売買することができません。

「ここの投資信託の銘柄、短期で値段の変動がありそうだな、売り買いして利益だそう」

みたいにはできないということ。

投資信託を検討する人は「株式投資への時間はないけど、投資はしておきたい」

というような人が多いので、あまりデメリットではありません。

まとめ 投資は若いうちからやっといた方がいい

ここまで、投資信託のメリット・デメリットを書いてきましたが、

結局、なんでもいいんで今すぐ投資を始めた方がいいです。

10代・20代から資産を形成し始めるのと、40代から資産形成を始めるのでは、

複利の恩恵を受ける期間(お金に働いてもらう期間)が変わってくるので、

早いうちから資産形成をしていく方が、有利に働きます。

若い時にお金は自分の好きなものや遊びにどうしても使ってしまいがち。

まずは100円でもいいのでやってみると、投資の実感やマネーリテラシーが身につきます。

100円から投資信託ができるLINE証券がオススメです。

どこぞの誰かと違い、年利15%以上の借金なんて背負うことなんか起こりない。

利回りが30%とかいう詐欺まがいのネットワークビジネスもありますが、全然嘘です。

まともな投資の利回りはせいぜい3%~5%程度が妥当かなと。

みなさんも、早いうちからマネーリテラシーを身に着けて、お金から自由になりましょう。

マネーリテラシーを身に着けるなら、独学でなくとも、

誰かに教わるのもいいかもしれません。

株式投資の学校では、普通の学校では教わらない

マネーリテラシーを教えてくれます。

お金に関する知識がなくて、独学するのも難しい人は

ひとまず無料の体験学習に足を運んでみるのもありかも。

ではでは。

ABOUT ME
いけ
26歳Webライター&ブロガー|未経験から初月6桁達成|2年の不動産&美容業界経験→フリーランス|SEOライティング|得意ジャンル:債務整理(借金)、AGA、資産運用、ナンパ(マッチングアプリ)、アダルト(風俗・AV・メンズエステ)|借金300万→残250万